ビオメディ 効果

【知っ得!】ビオメディに含まれる和漢植物って何?

和漢植物といえば、聞いた事がない方もいらっしゃると思います…。

 

私も初めて聞いたときはピンと来ませんでした(笑)

 

しかし、わたしたちの身近なものだと「漢方・生薬」といえば聞き馴染みがあるのではないでしょうか??

 

私も身体の不調時、風邪の引き始めは昔から漢方をよく飲んでいます♪

 

しかし、薬事法の影響もあって、化粧品の表記上「漢方・生薬」の言葉は使用できないとされているんです…。

 

そのため、化粧品業界では和漢植物という表記がよく使用されているのです!

 

和漢植物の効果って?

 

和漢植物は昔から先人の方たちが身体の不調をと整えるため代々使われてきました。

 

そしてその中で日本に伝わるものを和薬中国に伝わるものを漢薬と呼びます!

 

この二つを合わせたものを和漢薬と呼びます♪

 

現在日本で流通している和漢生薬の種類はおよそ150種類ほどあって、

 

本場中国ではなんと約1700種類の生薬があるんです!!

 

1700も種類があるなんて、驚きですね…。

 

さらに、複数の生薬を配合することによって、それぞれの身体の不調に合わせた独自の和漢植物を作ることも可能らしいですよ!

 

実は…【ビオメディ】の中にも厳選された9種類の和漢植物が使用されているんです♪

 

一体どのような和漢植物が使用されているのでしょうか?
そして、それぞれどのような効果をわたしたちにもたらしてくれるのでしょうか??

 

実際に調べてみました♪

 

 

 

・当帰(トウキ) 「美容の女王」とも呼ばれています。身体全体の血行を良くする働きがあります。

 

・芍薬(シャクヤク) 生理不順、血行不良、肩こりをよくしてくれます。

 

・地黄(ジオウ) 血液中の熱を取り除いたり、血を補ったりする働きがあります。

 

・茯苓(ブクリョウ) 身体のむくみ、食欲不振、不眠に効果があります。

 

・桃仁(トウニン) 血流の改善、便秘の解消に効果があります。

 

・牡丹皮(ボタンピ) 消炎、止血、鎮痛などに効果があります。

 

・甘草(カンゾウ) 鎮痛の効果があり、下痢や腹痛や食欲不振などにも用いられることがあります。

 

・鳩麦(ハトムギ) シミ、そばかす、ニキビ、肌荒れ改善に効果があります。

 

・大豆 更年期症状や、生理不順の緩和に効果があります。

 

このように、9つの和漢植物でビオメディは形成されているんです!

 

鳩麦は、テレビCMでもよく耳にする言葉ですよね♪

 

大豆には、女性の味方でもあるイソフラボンが含まれているから心強いです…。

 

ちなみに…和漢植物は、化学成分よりも穏やかに効果が出ると言われているんです♪

 

つまり、負担をかけずに肌の不調は悪い部分を取り除き、肌の健康を維持してくれるみたいです!

 

ただ、穏やかに効果が出るということなので、その効果を実感するまでに時間がかかる可能性があるかもしれません…。

 

効果を実感するまで時間がかかるかもしれませんが、大切な身体なので、ゆっくりスキンケアしていきたいですね♪

 

まとめ

今回は、和漢植物について詳しく調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

身体の不調を整えるために使用される和漢植物ですが、肌の不調の改善にも効果があるんですね♪

 

和漢植物の効果で、肌のケアをゆっくり実感できたら嬉しいです…。

 

【ビオメディ】は和漢植物が含まれる新感覚のオールインワンスキンケア化粧品です!

 

ビオメディについて詳しく知りたい方はコチラ